キッチンについてよくある質問

キッチンとリビングに一体感を持たせたいのですが?

キッチンとリビングの仕切りを取り外し、セミオープンタイプのキッチンにリフォームする事で一体感を持たせることが可能です。
そして、キッチンの色と質感をリビングと合わせてコーディネイトすることでより一体感を持たせた空間へと変化します。

狭いキッチンを開放感のあるキッチンにしたいのですが?

狭いキッチンを増築しコーナー部分に出窓を設置したり高窓、トップライトなどの工夫で開放感のあるキッチンへリフォーム可能です。
ちょっとした工夫で光が差し込む清潔感がありさわやかなキッチンに変更できます。

リビングからキッチンを見えないようにしたいのですが?
LD、キッチンの間仕切部分に高さのあるカウンターを採用することでキッチンが丸見えにならないようになります。
カウンターが解放感をもたらし目隠しとしての機能も果たします。

キッチン収納にはどのようなタイプが?

デッドスペースを活かし奥にしまっていたものが取り出しやすくなるスライド式のもや、上部の収納を手元もだ引き下げる事が出来る昇降式の物があります。
それ以外に壁付タイプ、間仕切りタイプ、家電収納タイプなどがあります。

キッチンの手入れをより簡単にしたいのですが?

天板機能を重視するのであればステンレスが一番よいでしょう。
汚れ落としも簡単でいつも磨いていれば問題ありません。
壁面の場合はフッ素加工のパネルをお勧めします。
見た目も美しく、毎日のお手入れも簡単です。

ワークトップの種類と高さを教えてください?

標準的なワークトップの高さは85cmになります。
ですが80cmから90cmまで調整が可能となります。

使いやすい高さの目安は一般的にご自身の身長の1/2から+5cmといわれています。
奥行は65cmが一般的です。

ワークトップの種類はいろいろあります。熱に強いステンレス、メラミンポストフォーム、タイル、大理石、人造大理石など好みで様々なバリエーションをお選びいただけます。

システムキッチンの種類を教えてください。

システムキッチンには、I型とL型の2種類があります。
価格帯は手ごろな価格からお選び頂ける、簡易型と自由度の高い高価な部材型が存在します。

システムキッチン取り付けにに必要な費用を教えてください。

システムキッチン費用とは別に既存キッチンの処分費、解体費、取り付けの際にガス工事、水道工事費などが必要となります。

キッチンの場所を移動してリフォームは可能ですか?

排水、排気の検討が必要になります。マンションなどの場合は排気ダクト位置を変更すると吸い込みが悪くなる可能性があります。
排水の勾配がとりにくく排水管が詰まる可能性もあります。

移動の際は一度現地を下見して的確な判断をさせていただきます。

キッチンにはどのような種類がありますか?
  1. オープン型 キッチン、ダイニング、リビングが全て見渡せるタイプになります。どこからでも見えてしまうのでキッチンの整理などに気を配る必要があります。
  2. セミオープン型 非常に人気のタイプでカウンターなどで区切られているので食卓から作業場をあまり見えません。完全にわけているのではないのでキッチンから臭いや煙が流れる事があります。
  3. 独立型 キッチンが独立していて個室になっています。中を見られる心配はありませんが、他の部屋が確認できません。
キッチンにはどのような配列の種類がありますか?
  1. I型 ガス台、調理台、シンクが一列に形です。でスペースを取りません。
  2. II型 ガス台などと調理台が2列になっています。スペースをフル活用でします。
  3. L型 L字型にシンク、調理台、ガス台が並んでします。
  4. U型 U字型にシンク、調理台、ガス台が並んでいます。複数の人間での作業も可能です。
  5. アイランド型 離れ小島のように本体と離れ調理台があります。

他の質問をみる

ページの先頭へ

リフォームに関する無料相談を受け付けております。リフォームに関するお悩みご相談はお気軽にご連絡を!プロの経験と確かな目で正確に判断し、的確なアドバイスちよりよい住空間をご提案いたします。

リフォーム・新築など住まいに関するお見積りご依頼は関西全域[大阪・兵庫・奈良・京都・和歌山・滋賀・三重]であれば2~3営業日以内に無料で伺います。 実際にスタッフの目でリフォーム内容を確認し相談しながら正確なお見積りをご提出させていただきます。まずはお気軽にご連絡ください。

合見積り大歓迎

24時間365日受付

お問い合わせフォーム

CopyRight © リフォーム大阪 | ライフスペース大阪 All Rights Reserved